トラマドール

慢性的な痛みやすぐに改善できない痛みを軽減してくれる鎮痛剤トラマドール

体に痛みを生じていると元気が出ずに気分も落ち込んでしまう人も多いことかと思われます。

 

特に慢性的な痛みやすぐに改善できない痛みがあると先の見えない痛みになんとか軽減したいと考える人もいることでしょう。

 

トラマドールは、中枢神経で作用しますが簡単に言うと麻酔のような効き目がある鎮痛剤とされています。

 

作用としては大きく分けて2種類あるとされており、一つは脊髄後角にあるオピオイドμ受容体を刺激することによって侵害刺激伝達と呼ばれる痛みの神経伝達を抑制する作用です。

 

もう一つは、下行性痛覚抑制系の活性化による作用でセロトニンや及びノルアドレナリンの再取り込み阻害作用であり抗うつ剤で注目されている作用です。

 

オピオイドというのはオピオイド受容体に結合する物質の総称であり、主に脊髄や脳、末梢神経などに存在しているものでその中でもいくつかの種類に分かれているのですがμ受容体は鎮痛作用が強いとされています。

 

鎮痛剤などで有名なモルヒネもオピオイドの一種であり、モルヒネが結合する受容体として発見されたことからモルヒネ受容体と呼ばれることもあるようです。

 

侵害刺激伝達とは、組織が侵害されるほど強力な痛みということなのですが、トラマドールがオピオイド受容体の中のμ受容体に作用することで侵害神経が脳に伝わる作用を伝わりにくくし、その他にも大脳皮質にも働きかけることでさらに痛みを感じさせにくくするとされています。

 

次に、もう一つの作用である下行性痛覚抑制作用ですが、最近では麻薬にもこの作用があるとされていることが明らかになったようです。

 

麻薬との違いはと言うと、麻薬が完全作動薬であるのに対し部分作動薬という違いです。

 

また、実際のところはトラマドールがオピオイド受容体に化合するよりもその代謝物であるO-デスメチルトラマドールが部分作動薬として作用していることの方が有力だとされています。

 

私たちの脳からは神経伝達物質であるノルアドレナリンやセロトニンなど恐怖や怒りをコントロールする物質や精神の安定をコントロールする物質が分泌されており、セロトニンがノルアドレナリンと快楽ホルモンであるドーパミンをコントロールすることで精神の安定をはかっています。

 

また、怪我をしたときにその刺激が神経を通って脳に伝わることで痛みを感じるわけですが、その作用とは逆に脳から指先に向かって流れている神経があるのですがこの神経のことを下行性痛覚抑制系と呼び、痛みを軽減する作用を持っています。

 

実はこの下行性痛覚抑制系はセロトニン・ノルアドレナリンによって活性化するとされており、つまりはセロトニン・ノルアドレナリンの量を脳内に増やすことによって痛みを感じにくくする作用が働くとされているのです。

 

セロトニンやノルアドレナリンは、一度脳内の放出されるとまた吸収され分解されるためにまた脳内に再度取り込まれるのですが、この作用が行われることでセロトニンとノルアドレナリンの脳内に放出された量が減ってしまうことで不安感や恐怖感が強くなったり痛みも感じる作用も強くなることが考えられます。

 

そのため、トラマドールはうつ病やうつ症状に効果があるほかに脳内にものアミンとも呼ばれるセロトニンとノルアドレナリンの再取り込みをする作用によって脳内のものアミンの量が増加することにより下行性痛覚抑制系の作用によって痛みを感じる作用を少なくすることができるのです。

 

がんや慢性的な痛みというのは、痛みを生じていること自体が様々なことに影響するとされています。

 

人間には痛みを軽減するための作用がいくつか備わっているのですが、自分の体内の作用ではどうにもならない痛みが生じている場合にはトラマドールなどの薬を使用して痛みと上手に付き合っていくのが良いとされているのです。

トラマドール