トラマドール

トラマドールはがんや手術後等の慢性的な痛みに使われている鎮痛剤です

ガン患者の多くが、痛みと戦っています。

 

人間は、怪我をした時に痛みを感じますが、怪我の場合は、時間がたてば痛みは消えていきます。

 

しかし、がんの痛みは、1度起こると強くなって長く続くという特徴があります。

 

痛みがあると、睡眠が十分に取れず、集中力がなくなったり、食欲がなくなったりします。

 

そして、痛みが長く続くと、うつ状態になる人もいます。

 

最近では、痛みのケアを積極的に行う病院も増えています。

 

痛みは、本人しかわかsらないので、痛みがある場合は早めに担当医に伝える必要があるのです。

 

がんの痛みには、鎮痛剤が使われます。

 

トラマドールは、がんの痛みや慢性の痛みに使われる鎮痛剤です。

 

トラマドールは、非麻薬性鎮痛剤で、治療が困難な痛みを伴うがんや慢性痛、手術後の鎮痛に使われます

 

セロトニンの再取り込みを抑制し、痛みを和らげます。

 

トラマドールは、症状に応じて量を減らしたり増やしたりします。

 

最初は少量から開始して、薬の効果を見ます。

 

そして、徐々に薬の量を増やしていきます。

 

トラマドールを服用中は、アルコールは控えた方がいいです。

 

アルコールを飲むと、薬の作用が強く出ることがあります。

 

安定薬と併用すると、副作用が出やすくなるので注意が必要です。

トラマドール