トラマドール

ガンの痛みや様々な病気の慢性痛に使われる鎮痛剤トラマドール

現在、日本では様々な病気にかかっている人がいます。

 

病気になって辛いのが、体の痛みです。

 

トラマドールは、ガンの痛みや様々な病気の慢性痛に使われます。

 

がんの痛みは、患者の心身を疲れさせます。

 

病気にかかっただけでもショックなのに、その上に痛みがあると、毎日の生活が苦痛になることもあります。

 

しかし、現在では、昔に比べると患者の痛みに対する理解が深まっており、痛みの治療もしっかりと行われるようになっています。

 

トラマドールは、ガンの痛みを抑えるOpioidと呼ばれる系統の鎮痛薬です。

 

トラマドールは、痛みを抑える神経系統の働きを高めます。

 

モルヒネと比べると作用が穏やかで、副作用も比較的少ないと考えられています。

 

ガン性の痛みに対しては、第2段階に位置付けられています。

 

第1段階のアスピリンなどで効果が不十分だった場合、その次のステップにトラマドールが使われます。

 

第3段階がモルヒネとなります。

 

最初は、ガンの痛みに限られていましたが、その後、慢性の痛みに対する効能も加えられたのです。

 

トラマドールは、脳の神経をしずめる安定剤などの薬と併用すると、副作用がでやすくなるので注意が必要です。

 

飲酒の習慣がある人は、眠気やめまいなどの副作用がでやすくなります。

トラマドール