トラマドール

癌や抜歯後の痛み、坐骨神経痛等の痛みを緩和するために使用されている薬

日本は、がん患者が多い国です。

 

がんの大半は痛みを伴い、末期に近づくほど痛みが激しくなると考えられています。

 

最近は、痛みに対する理解も深まっており、痛みや苦しみを和らげる緩和ケアも、広く認知されています。

 

末期になってからではなく、早い時期から緩和ケアを行っている医療機関もあります。

 

がんの痛みには、様々な鎮痛剤が使われています。

 

トラマドールは、非麻薬性の鎮痛剤で、がんの痛みを抑えるために使われています。

 

最初は、がんの痛みだけに使われていましたが、その後保険の適応が拡大し、現在では慢性痛にも使われるようになっています。

 

トラマドールは、モルヒネほどの副作用はありませんが、便秘や眠気、吐き気などの副作用が出やすいです。

 

吐き気が辛い場合は、できるだけ早く医師に相談した方がいいです。

 

便秘の場合は、下剤を使います。

 

まれではあるものの、けいれんを起こす可能性もあるので、脳に病気がある人や高齢者は注意が必要です。

 

めまいや眠気などの副作用が出ることがあるので、飲酒は控えた方がいいです。

 

トラマドールの服用を長く続けていると、体が薬に慣れてしまい、急に服用を中止すると、頭痛や震え、吐き気などの症状が出ることがあります。

 

服用を中止する場合は、徐々に量を減らしていきます。

トラマドール