トラマドール

がんの痛みを抑えてくれる効き目が穏やかな鎮痛剤トラマドール

がんなどの病気にかかって痛みが続く場合、気力を失ってしまうことがあります。

 

痛みは、周囲の人に理解されないことも多く、孤独感を感じる人も少なくありません。

 

昔は、ひどい痛みを感じても、我慢してしまう患者が多かったのですが、現在では、痛み対する治療も行われるようになっています。

 

トラマドールは、がんの痛みや慢性痛に使われる鎮痛剤です。

 

一般的な鎮痛剤では効きにくい痛みにも効果が期待できます。

 

慢性痛は、急性期が過ぎたのに痛みが消えず、慢性的に長引く痛みのことです。

 

トラマドールは、非麻薬系の鎮痛剤で、麻薬系のモルヒネに比べると、効き目が穏やかです。

 

また、便秘などの副作用も少ないと考えられています。

 

アセトアミノフェンやアスピリンで効果が十分に出ない場合、第2段階としてトラマドールが処方されます。

 

麻薬系のモルヒネは、第3段階に位置付けられています。

 

トラマドールは、初めはがんの痛みだけに使われていました。

 

しかし、その後、慢性の痛みに対する効能も加えられています。

 

低用量製剤もあるので、患者の症状に合わせて、用量の調節が可能となっています。

 

トラマドールを服用する場合、持病やアレルギーがある人は医師に報告しておいた方がいいです。

トラマドール